Interview Vol.02

高橋 広光 Hiromitsu Takahashi
京都支店 営業
2018年入社
  • 迅速かつ丁寧に医療行為に
    集中できる環境を作りあげる
    イメージ写真

    もともとは医療業界に興味はありませんでした。しかし調べてみると、医療の分野はすごい速さで進化していること、また、会社で取り扱っている商材も人の命に関わるような重要なものばかりだということが分かり、面白みを感じて入社を決意しました。高齢化社会と言われている中で、今後医療の進歩がより必要となっていく、将来性のある分野だという点も惹かれた理由の一つです。現在、先輩と一緒に3人体制で一つの病院の納品業務や症例物品手配、情報提供、手術室内で使う物品の在庫管理を行っています。中でも手術物品の手配は、ミスをすると患者様の命にも関わるため、先を見据えて早め早めに準備を行う必要があります。常に緊張感をもって業務に取り組み、準備や確認を丁寧に行い、医療現場の皆さんに医療行為に集中していただける環境を整えることを心がけています。

  • イレギュラーな出来事さえ、
    自身の成長の機会と捉える
    イメージ写真

    まったく知識のない商品の依頼を医療現場から受けることもあり、その商品について詳しい説明を行う時に難しさを感じます。しかし、先輩方に教わりながら入念に準備をして、その説明がうまくできた時、また、実際に商品を使っていただき「使いやすかったよ」という声をいただいた時が何より嬉しいです。今は尊敬する先輩方に一歩でも近づくことが目標です。トラブルなく一日を無事に終えることが一番ですが、イレギュラーな出来事が起こった日でも、その出来事を何とかクリアできた時が、これまでの業務への取り組みが無駄ではなかったことを実感できる瞬間です。そうした瞬間を積み重ねながら成長したいと思います。

  • 身近なお手本がすぐ近くにいることの有難さ
    イメージ写真

    私が考えるエア・ウォーター・リンクの強みは、業務の質の高さだと思います。これまで先輩方が担当する、いろいろな施設に同行させていただきましたが、いずれも現場の皆さんと強い信頼関係を築いているのが印象的でした。これは日々の業務、その質の高さを評価されているからこそ、です。今はまだ、先輩にサポートしてもらって何とかこなせている状態ですが、一日も早く独り立ちして、お客様から指名で相談を受けるような関係性を築きたいと思います。そのためにもロジスティックセンターの皆さんとも積極的にコミュニケーションを取り、商品に触れる機会を増やし、知識に磨きをかけたいと考えています。

  • 一歩踏み出す、そのやる気を受け止める環境がここに

    医療業界というと常に緊迫しているように思われるかも知れませんが、普段は気軽に冗談などを言い合えるような楽しい職場です。私自身コミュニケーションが得意な方ではありませんが、先輩方がなじみやすい雰囲気を作ってくださるおかげで、ストレスなく働けています。心配しなくても大丈夫。勉強会なども随時行われているので、やる気さえあれば知識は自然と身に着きます。ぜひ勇気を出して一歩踏み出してみてください。

    イメージ写真
TOP