Interview Vol.03

澤田 皓太 Kota Sawada
奈良支店 営業
2009年入社
  • 行動の源泉は医療を通じて
    人の役に立ちたいという想い
    イメージ写真

    学生の頃、病院に透析治療を受けに来られた方に配食するアルバイトをしていました。改めて振り返ると、その頃から何らかの形で医療を通じて人の役に立ちたいという思いはあったのかも知れません。とはいえ、医療を専門的に学んだわけではないので入社後は分からないことばかり。主に循環器内科の心臓カテーテル検査・治療に対する業務に携わってきましたが数多くの治療器具の中から現場のニーズに合うよう物品を手配したり、使用方法を周知したり、そこに契約交渉や価格交渉など事務的な業務も加わるため、最初の頃は本当にたいへんでした。上司や先輩はもちろん、時にはドクターや看護師、機器メーカーの方からも教わりながら、徐々に信頼していただけるようになり、ようやく今に至っています。

  • 人命に関わるペースメーカーを
    取り扱うことの重責
    イメージ写真

    現在、私はペースメーカー業務に携わっています。このペースメーカー業務は、ここ数年で会社が本格的に取り組み始めたもの。ペースメーカーの植え込み手術のサポートをするのがおおまかな役割です。同じような製品に見えてもメーカーごとに規格や硬さが微妙に異なるため、そうした違いを医療現場に正確に説明しなければいけません。また、植え込み後のペースメーカーの点検も行っています。ペースメーカーは半年など定期的に不整脈などを起こしていないか確認しなければならず、その間のペーシングデータを抽出する必要があります。毎回、計り知れないほどのプレッシャーを感じますし、正直、人命を左右するような商品を取り扱っていることに「怖い」と思うこともありますが、そうした感情こそ絶対に忘れてはいけないものだと思っています。

  • ペースメーカー業務を、
    事業として成功させたい
    イメージ写真

    ペースメーカー業務は、それだけプレッシャーを感じる仕事ですが、最初に声を掛けていただいた時、私は迷わず「やります」と即答しました。それは、誰もやっている人がいないからこそ、そこに大きなやりがいがあると直感したからです。実際に奈良県に限らず、大阪や京都など、さまざまな病院を一人で担当できることは誇りにも思います。今後の目標は、このペースメーカー業務を事業部単位で取り組むことです。本当に収益を確保できるか、人材は確保できるのか、など課題は多いですが、それだけのチャンスがある分野だと感じていますし、私自身やれるところまでやってみたいと思っています。

  • 学生時代にしかできない経験を
    大切にして欲しい

    私は、学生時代に勉強で得た知識がすべてではないと思っています。語弊があるかも知れませんが遊びでもなんでも、時間のある学生の間にしかできないことを突き詰めてもらいたいと思います。例えばたくさんの人と出会い、いろんな話をすること、話を聞くこと。そこで培ったコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力は、社会人になってから必ず生きてきます。営業職を志望する方は、特に参考にしてください。

    イメージ写真
TOP